恵方巻


江戸時代の終わり頃、大阪の商人たちの商売繁盛と厄払いの意味合いで、立春の前日の節分に「幸運巻寿司」の習慣が始まったとする説。 江戸時代末期から明治時代初期、大阪の商人(「船場の商人」とする資料も存在する)による商売繁盛の祈願事として始まったという説。

恵方巻 - Wikipedia

名づけ親はセブンイレブンですが、コンビニではファミリーマートが初だそうです。

土用の丑の日のうなぎに対抗して発祥したとか所説ありますが。

近所の回転ずし屋さんに・・・

幸せ一本480円!

と、貼ってありました。

幸せって、安価ですな。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square