べテルギウス

冬なのでオリオン座が良くみえますが、冬の大三角形を担うオリオン座のペテルギウス

もう、無いかもしれないって話はご存知ですか?

おおいぬ座のシリウス

こいぬ座のプロキオン

オリオン座のベテルギウス

この三つの星で構成される冬の大三角形

オリオン座三連星の左上に輝く星がベテルギウスなのですが、この星、よーく見ると赤いんです。肉眼でもはっきりわかります。

ベペテルギウスは現在、赤色超巨星という状態にあり星の一生を終えようとしている、もしくはすでに終えているんです。

ベテルギウスは地球から640光年離れています。

光の速度で640年かかるので、べテルギウスから発した光が地球に届くまで640年かかるという事になります。今夜も光っているべテルギウスは、640年前に発せられた光なのです。

よってベテルギウスが超新星爆発し、星の一生を終えていたとしても、その光が届くまで640年かかるわけです。

このべテルギウスの超新星爆発が地球上で確認できると、どうなるか。

べテルギウスの位置に太陽並みの光源ができて、三日間は夜が来ないとか言われています。

神秘的ですねぇ


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事